DSC_0869工房撮影2sp

☆サンドブラストとは…当社の加工法を説明いたします☆

サンドブラストとは

◆サンドブラスト(sandblast)
 広義的にサンドブラストとは、コンプレッサーによる
圧縮空気と研磨剤(金剛砂など)を混合した物を、
対象物に吹き付けて加工することを指します。

英語表記でサンドブラストは、sandblastとなります。
sand⇒砂、blast⇒吹き付ける、というように直訳すると
イメージがしやすいかと思いますが、実際には「sandblast」
という単語が存在し、1.(研磨のための)砂吹き、
2.砂吹き機、3.砂あらし、と言った意味になります。

 現在サンドブラストは、
●錆取りや塗装下地処理としての工業用途、
●陶器やガラス等へ彫刻するガラス工芸用途
として使用される事が多く、当社では後者の用途で
一般的に使用しています。 
【サンドブラストの歴史】

 サンドブラストは1870年アメリカのテイルマンにより、
船舶の錆落とし用として発明されました。

その後、このサンドブラストという技法をガラス彫刻用に
アレンジする事により、手軽にガラスを加工することが
出来るようになりました。

アール・デコ期を代表するガラス作家モーリス・マリノ
(1882~1960)が多用した彫刻技法でもあります。

 稀にサンドブラストを”エッチング”と表現をされる事も
ありますが、エッチングは元来、薬品によりガラス表面を
腐食させることで表現する技法でした。
 
その薬品は劇薬で廃液処理施設を備えなければ
出来ない大がかりなものでしたが、サンドブラストという
技法を代用することにより、短時間で制作できるうえ、
彫刻面の深さなどを微妙に変化させることができ、
彫刻に立体感を持たせる「段彫り」といったサンドブラストの
中でも高度な技術を要する技法も可能です。

【サンドブラスト技法】

 当社での、サンドブラスト加工では、特殊フィルムを用いて
高精細なマスキングフィルムを作成し、対象物へ貼り付けます。
 
マスキングフィルムを貼り付け、加工を必要としない箇所を
養生し、サンドブラスト加工を施します。

文字や柄、オリジナルデザインなどを加工(彫刻)する
ことにより、オリジナルの記念品を製作しております。

当社内の作業場と光景

作業場DSCN3374

0116 2014

川口オリジナルギフトショップ工房-FUWARI-ネットショップ
エバメール化粧品正規取扱店@アクアウィズのブログ
川口市シェアサロン@アクアウィズのブログ

  • Mikiko Arai
  • 2014年5月21日(水)